自分でできる女性化乳房の改善方法

ホルモンバランスが重要

胸の痛みの原因。女性化乳房。ホルモンバランスが重要

この治療には男性ホルモンの分泌を助けるサプリメントを服用する事で治療していく事になります。
私の場合は悪性の腫瘍ができていたわけではなかったので、サプリメント服用を含めた投薬治療によって治療できるのですが悪性腫瘍の場合は手術しなければ治らない事もあるので乳房が肥大化している男性の方はすぐに検査を受ける事をお勧めします。
サプリメントの服用は主にテストステロンという男性ホルモン自体を摂取する事になります。
この治療で気づいたのですが私は極端に性欲がない上に、顎鬚も生えてこない程に男性ホルモンの分泌が少ないらしくホルモンバランスを整える治療をしていこう初めて強く性欲がこみあげてくる状態を体感しました。
他にもテストステロンを分泌させるには亜鉛とマカとアミノ酸の摂取が必要不可欠な事を聞いていたので、ダイエットするときに食べる事を禁じていたお肉や魚介類も適度に摂取していきました。
お肉や魚介類の摂取は自分で料理したものが望ましく、冷凍食品等添加物が含まれている場合は亜鉛の吸収を阻害してしまう事になるため本格的に料理の勉強を始めて白身魚のソテー等を中心に食べていき、何とか太らずに男性ホルモンを分泌させていく事に成功しました。
実体験からの料理の秘訣としては魚や肉だけを食べるよりもソテーやピーマンの肉詰め等材料を複合的に使う料理が非常にお勧めで、食事を楽しみながら治療ができます。
お肉だと豚ロースが筋肉を作るためのアミノ酸であるイソロイシンを摂取できたり、魚介類だとカツオの刺身がロイシンという筋肉を作るためのアミノ酸を摂取できるのでお勧めです。
この様に亜鉛とアミノ酸は食事でも摂取できるのですが、マカは食べ物で摂取する事が難しいので主にサプリメントによる摂取に頼っていく事になります。
女性化乳房改善は男性らしさが損なわれるため、私は最初お肉等大量に摂取してすぐ治したい衝動にかられていたのですがそれを見越していたのかホルモンバランスは徐々に治していかないと女性化乳房が悪化する可能性があると医師に指摘されてしまいました。
こういった実体験から女性化乳房症になっても少しずつ体のホルモンバランスを整えていく事を強くお勧めします。

女性化乳房の手術女性化乳房の改善 | 女性化乳房手術治療日記